買い物で使ってみよう!仮想通貨の使い方

使えるお店と使える仮想通貨の準備

買い物をするときにはお金の支払いが必要になりますが、現金以外の支払い方法がいろいろ増えています。以前からあったのがクレジットカードで、最近増えているのが電子マネーです。さらに新たな方法として仮想通貨が広まろうとしています。大手家電量販店で支払える等支払いに対応しているお店も増えてきています。実際に買い物の時の支払いに使うのであれば、まずはそのお店が対応しているかどうかを知る必要があります。クレジットカードや電子マネーのように対応店が多くあるわけではありません。さらに仮想通貨の種類も調べておきます。最も流通している仮想通貨の対応をしているところは多いですが、それ以外となるとかなり少なくなります。持っていなければ支払いができません。

スマホで読み取ってOKするだけ

クレジットカードの支払いの時、基本的にはクレジットカードを一旦店員に渡します。店員がクレジットカード番号などを見るのでそれなりに気になるでしょう。カードを持って見えないところに行かれるともっと不安になります。電子マネーは機械にかざすだけなのでその点は安心できます。では仮想通貨で買い物の支払いをするときはどうするかです。まず、仮想通貨の残高が入っているスマホを用意してQRコードの読み取り画面を出します。お店の方で支払いたい商品のQRコードを示してくれるので、読み取り画面で読み取ります。読み取れると金額などが仮想通貨の額と日本円で表示されるので良ければOKします。一応これで作業は完了です。反映までに10分ほどかかるときがあります。

© Copyright Obtain Virtual Currency. All Rights Reserved.