注意すべし!仮想通貨のデメリット

価値が短期間で一気に下がる可能性がある

価値がどんどん上がっている、政府が発行している貨幣にはない魅力があるなど、仮想通貨のいいところはたくさんの人が伝えていますが、デメリットも当然あります。
では、具体的にどのようなデメリットがあるのかというと、まず挙げられるのが価値の上下が激しいという点です。たとえば、昨日100万円で買った仮想通貨が、翌日に10万円まで下落したということもあり得ない話ではありません。仮想通貨の取引には価値の上下に対するルールが存在しないため、短時間でどれだけ価値が急降下したとしても、取引所が取引を停止することはないからです。
その分、上がるときは短時間で一気に上がるという魅力もありますが、購入する場合は下がるときのリスクも踏まえるようにしましょう。

通貨としてあまり使いやすくない

通貨という名前がついているのに、通貨として使うにはいろいろと不便というのも仮想通貨のデメリットといえます。まず、仮想通貨を決済手段として使える店が少ないですし、使えたとしてもお得な決済方法にはなりません。クレジットカードの場合、発生する手数料は店が負担しますが、仮想通貨の場合、基本的には客が負担するので現金で買うよりどうしても割高になってしまうからです。
盗難被害のリスクも高いです。銀行の場合、強盗に何億円もの現金が奪われても顧客の銀行口座を停止することはありません。しかし、仮想通貨の場合、ネットを通じて奪われてしまうと、さらなる被害の発生を食い止めるため、客が仮想通貨を出し入れできなくする措置をとる可能性があります。取引できない間、暴落する可能性もありますが、そのことに対する補償はない可能性が高いでしょう。

© Copyright Obtain Virtual Currency. All Rights Reserved.